keshigomukunn

記事一覧(9)

2月23日イベント予約された方へ

この度はイベント予約ありがとうございます。2月23日ココマルシアターで開催の映画「夢の音」劇場公開記念イベントについて〇受付の流れ〇会場インフォメーション〇注意事項を記しましたので、ご確認頂いた上でイベント参加をお願い致します。<受付の流れ>イベントは15:30開場、16:00開演となります。イベントの受付はココマルシアター2Fメイン会場の入口で行います。受付の流れは以下になります。皆さんが16時からしっかり楽しんでもらえるようにスムーズな誘導を心がけますので、ご確認の上でイベントに参加お願い致します。①「予約番号」と「お名前」の確認、そして代金支払い。「予約番号」と「お名前」を確認した後、メイン会場2Fチケット予約の方は2000円、サブ会場3Fチケットを予約の方は1500円をお支払い頂きます。※自身で事前に「予約番号」の確認をしてから受付に来て頂くようにお願い致します。②ドリンクのオーダー※1ドリンクはチケット料金に含まれています。③会場へのご案内メイン会場2Fチケット購入者は2F会場内へ、サブ会場3Fチケット購入者は3Fへご案内させて頂きます。<会場インフォメーション>メイン会場(2F)〇椅子20席用意。あとは立ち見での観覧となります。〇キャスト登壇します。〇スクリーンまたはご自身の端末(携帯)でも観覧可能です。〇2Fにトイレあります。サブ会場(3F)〇椅子30席用意。〇SHOWROOM配信されるイベントをテレビモニターもしくはご自身の端末(携帯、パソコンなど)で観覧して頂きます(キャストが3Fに来るコーナーがあります)。〇3Fにトイレあります。<注意事項>ココマルシアターは通常営業しており、他作品の映画上映を行っています。他のお客様の迷惑行為にならないようご配慮宜しくお願い致します。※イベントで故意のトラブルが起きた場合、映画「夢の音」は劇場公開ができなくなってしまう可能性がありますので、何卒宜しくお願い致します。<オフィシャルtwitter>https://twitter.com/yumenootofilm<オフィシャルSHOWROOMサイト>https://music-films-sr.amebaownd.com/<クラウドファンディング/劇場公開応援プロジェクト>https://motion-gallery.net/projects/yumenootofilm

情報解禁

映画「夢の音」より大事なお知らせがあります。お知らせその①【映画「夢の音」劇場公開日決定】3月23日(土)より一週間限定で劇場公開します。(反響次第で上映期間延長となります)上映開始時間が決まり次第、チケット予約開始予定。予約特典、リピーター特典ありますのでお楽しみに!お知らせその②【映画「夢の音」劇場公開記念イベント2月23日開催決定】公開一ヶ月前となる2月23日に以下のイベントを開催します。■劇中曲ライブ日時:2月23日14:00~場所:井の頭公園野外ステージ※フリーライブとなります。※一部SHOWROOM配信あり■劇場公開記念イベント(キャスト登壇)日時:2月23日16:00~場所:吉祥寺ココマルシアター2Fイベントスペース※23名限定チケット2000円(1ドリンク代含む)で販売。発売方法は後日発表。※一部SHOWROOM配信ありお知らせその③【映画「夢の音」SHOWROOMオフィシャルページ開設、定期配信スタート】劇中で何度も登場するSHOWROOMで実際に「夢の音」のキャストが定期配信を行います。記念すべき初回放送は2月23日のイベントの模様を一部配信します。SHOWROOM配信オフィシャルウェブサイトhttps://music-films-sr.amebaownd.com/※こちらのサイトで次回のSHOWROOM配信者・内容がチェックできます。お知らせその④【クラウドファンディングにて劇場公開応援プロジェクトがスタート】映画「夢の音」の劇場公開を少しでも多くの人に知ってほしい。その想いから誰でも気軽に応援できる出資額(0~500円)に設定したクラウドファンディングを立ち上げます。一緒に劇場公開を盛り上げましょう。※サイトは立ち上がり次第、告知させて頂きます。お知らせその⑤【コメント公開】映画「夢の音」を観た著名な映画監督やプロデューサーからコメントをもらっています。近々ホームページにてコメント公開。

イントロダクション

2017年、秋撮影予定の松浦健志 監督最新作「夢の音」。女性ボーカルを主人公に据えた音楽映画を制作します。音楽監修は、これまで松浦作品の音楽を何度も担当してきたhoto-Dが担当。どんな人にも、見る人をハッとさせるような輝く瞬間があります。本作では音楽の中で輝きを放つ人たちを切り取ります。主人公は不器用で人付き合いが苦手な二十歳の女の子・葵。音楽とは無縁だった彼女はひょんな事からバンドのボーカルに抜擢され、音楽の世界に足を踏み入れる事になります。従来の音楽映画の主人公といえば最初から音楽に対して情熱を持った人物に設定されています。しかし、音楽に対して興味・関心がない人物が、音楽をやる事でしか自分の存在意義を見出せないとしたら…これが本作の主人公に与えた設定です。コンセプトは「音楽で繋がる絆」。想いをうまく言葉にできない不器用な登場人物たちが音楽を通して心を通わせていくミュージックエンタテインメントムービーを制作します。<製作者プロフィール>≪監督:松浦健志≫1985年6月3日、神奈川県生まれ。日本大学芸術学部放送学科卒業後、商業映画・テレビドラマを中心に助監督として活動。近年助監督として携わった主な作品は、2017年3月公開映画「しゃぼん玉」(主演:林遣都)、2017年6月公開映画「結婚」(主演:ディーン・フジオカ)、2017年11月公開映画「覆面系ノイズ」(主演:中条あやみ)など。自主映画も精力的に制作。主な作品は第19回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭正式出品された「とある放課後に」(2010)、新宿バルト9など全国6箇所で劇場公開及びネット配信した「口笛狂騒曲」(2012)、 第13回ダラス・アジアン映画祭正式出品、第1回新人監督映画祭招待上映された「はじまりに花束を」(2013)、第2回湖畔の映画祭正式出品、福岡インディペンデント映画祭正式出品された「私の刺」(2016)など。松浦健志HP : http://takeshi-matsuura.jimdo.com/profile-1/≪音楽プロデューサー:hoto-D≫1984年10月19日、東京都生まれ。2007年、"音楽学校メーザーハウス"に入学直後からシンガー"佐野安佳里(現在ChuriStaとして活動中)"のライブギタリストを務め、音楽業界でのキャリアをスタート。2008年から一年間、"元ロードオブメジャーベーシスト松本賢一"のバンド"TAROCK"に正式メンバーとして所属後、2011年より映像作品や舞台を中心に作曲家として活動。主な作品に、2017年全国公開予定の映画「覆面系ノイズ」や舞台「キャプテンハーロック次元航海」、最新作「ZEST」を始めとする舞台「SEPT」シリーズなど。その他、多くのアーティストやアイドルへの楽曲提供も積極的に行っている。